ほうれい線サプリ特集〜しわ・たるみ・乾燥肌に効く〜

ほうれい線 サプリ

 

ほうれい線を消すプラセンタ&エラスチン

 

今や定番の美容成分となったプラセンタですが、これにはアミノ酸やビタミン、ミネラルなど、豊富な栄養素が含まれています。

 

このプラセンタと共に配合されることが多いのがエラスチンです。このエラスチンというのは、繊維状のたんぱく質で肌の中ではコラーゲンを結びつける働きをしています。800ものアミノ酸が連なって構成されるタンパク質であるエラスチンは、それだけ体内で作るのが簡単ではなく、また体の内部での弾力性や伸縮性に関わっている重要な成分であると言えます。

 

体内では25歳頃をピークにその合成量が減少し、また紫外線やストレス、喫煙といった外部の要因によっても減少するとされています。

 

エラスチンは肌のハリを保つ効果がある他、血管における動脈硬化を防いだり、靭帯の伸縮力をキープしたり多くの働きをしています。このエラスチンが不足すると、体内では多くのトラブルが発生することになります。

 

エラスチンは基本的に経口摂取によっては確実に合成されるとは限りません。摂取しても、体内で一度アミノ酸やペプチドレベルに分解されて吸収され、再合成されるからです。

 

プラセンタとのペアが有効なのは、プラセンタが細胞の働きを活発にしてエラスチンの合成を促すことや、たとえそのままは吸収されないにしても、エラスチンを摂取することによってエラスチンを合成するための細胞が活発に働くと考えられるからです。

 

基本的にはエラスチンの効果を直接期待するというよりは、他の成分と合わせて美肌効果を総合的にもたらすものとして摂取するのが良いでしょう。

 

ほうれい線対策にコラーゲン、セラミドが必須!

 

歳を重ねるに連れて、だんだん肌のハリがなくなってたるんでいきますよね。
大体の場合は、30代に入ってから感じるようになります。

 

それまでは、特に肌のお手入れについてそこまで意識をしたことがなかったという人も多いのではないでしょうか?
そして、気がついたら、ほうれい線ができてしまっていたり、シワやたるみが気になるようになってきたというケースはよくある話です。

 

また、肌質まで以前と変わってしまっていて、肌がカサついて乾燥肌になってしまったというケースも多いです。

 

このような肌とラブを改善させるためにスキンケアを始めるようになったという人はとても多いんですよね。

 

その肌のハリをもたらすために、コラーゲンを摂取するという人は多いのですが、食事でコラーゲンを摂取しても肌にはほとんど送られないという話を聞いたことはないでしょうか?
もちろん少なからずはコラーゲンの原料が送られて、肌でコラーゲンが作り出されるのですが、コラーゲンだけを増やしてもあまり意味はありません。
コラーゲンの働きを最大限まで活かしていくためには、セラミドの働きも必要になるのです。

 

まずコラーゲンは表皮の奥にある真皮層で作られて、保水をしてくれる働きをもっています。

 

しかし、セラミドがなくてはせっかく水分を吸い込んでいても、その水分が蒸発してしまうのです。
ですから、セラミドで保湿をしていく必要があります。

 

なので、肌のハリを維持するためにコラーゲンを取り込んでいくのであれば、同時にセラミドも活用していくようにしましょう。

 

日々試したいほうれい線を消す方法!

 

ほうれい線は見た目年齢を大きく変えてしまうので多くの女性の間で深刻な悩みとなっています。何より簡単にできる顔のストレッチを行うことにより効果を期待する事ができます。

 

実際に、世の中にはエステや美容外科、高額なスキンケア商品などほうれい線を対策することができるアイテムはたくさん販売されています。その中で、お金をかけずに自分ができることを初めて見てください。

 

ほうれい線を目立たなくするポイントですが、顔や体が冷えることにより、効果を期待する事ができないのである程度温まった状態で行うようにしましょう。入浴中や入浴後は効果を期待する事ができますし、同時にリラックス効果も得る事ができます。

 

口まわりの対策ですが、ふぐのように頬を膨らませて10秒程度キープします。ポイントとしては、口の周の筋肉が張るぐらい息を入れていきます。これを毎晩1回ずつ行うようにしましょう。

 

表情を和らげるためには、あいうえおを口を大きく開けながらゆっくりと発生します。それぞれ5秒ほどキープするようにして、3回程度繰り返します。ポイントとしては、手ぶらでできる顔のストレッチなので、仕事の合間などや時間がある時に行うことが出来ます。

 

直接ほうれい線にアプローチするには、最初に舌の先でほうれい線を内側から押し上げて5秒キープします。これを左右同じように朝晩行って下さい。余裕が出てきたらほうれい線に沿って下を動かしてみるようにしましょう。その時に人差し指の腹を使ってしたと指でほうれい線をはさむようにやさしくさすることでほうれい線を目立たなくすることが出来ます。

 

顔の筋肉をほぐすこともほうれい線を対策するためには効果を期待する事ができます。顔のコリを解消することで、筋肉をほぐして血流をよくすることが出来ます。顔のコリは気付くのが難しいと言われていますが、自分なりに、クリームやマッサージオイルなどを使って行うことにより効果を期待する事ができます。

 

ほうれい線を薄くするお灸

 

お灸は、最近では身体のバランスを整える効果を期待する事ができるということで注目を浴びています。美容目的で使用されることも多くなっています。たるみやむくみの解消、リフトアップなどに効果を期待する事ができるので、ほうれい線予防のために日常に取り入れている女性も多くなっているようです。

 

ほうれい線に対してお灸が効果的と言われていますが、ツボを温熱により刺激することにより、血行を改善する事ができます。血行を改善する事がほうれい線解消につながっているのです。

 

血行不良が起こってしまうと真皮や筋肉に十分な酸素や栄養素が行き渡らなくなってしまい、肌のたるみが生じてしまう可能性が高いと言えるのです。また、血行不要により起こる問題には、リンパの流れを滞らせるということも考えられています。

 

美容の世界では、老廃物を適切に排出することにより、むくみやたるみの解消に重要と言われていますが、老廃物をスムーズに排出させるためにリンパの流れをスムーズすることが大切です。

 

リンパには自発的に流れる機能がなく、筋肉の動きで血管の圧力などにより流れが左右されているので血行不良の影響を受けてしまうのです。ほうれい線を対策するためには、流れをよくすることが出来るお灸は効果を期待する事ができる方法と言えるのです。

 

ほうれい線対策でお灸を行う場合には、夜の入浴後などにゆっくりした時間をとることが出来る時に行うのがおすすめできます。お灸で血液やリンパの流れを促進させた後は、ほうれい線対策専用の化粧品などを利用することにより、肌の表面からアプローチする事ができます。

 

ほうれい線予防にペットボトルトレーニング

 

年配の人の顔をみていて、鼻から口にかけて線ができるのを目にすることもあると思います。実際に自分でも目にするとショックを受けてしまいます。

 

ほうれい線と呼ばれている線を消すために、急いで美容液をすり込んだりする前に、ペットボトルを使って対策していく事により、予防になります。

 

1つは、綺麗に洗った500mlのペットボトルを口にくわえて上げ下げをする方法です。手を使うこともなく、歯で加えるだけでなく、唇でくわえるように意識して行っていきます。

 

人の鼻の下には、唇を上に覆うように横に走っている口輪筋という筋肉があり、顔の大きな筋肉とつながっているので、この筋肉が衰えてくるとほうれい線になってしまうことがあります。

 

他の身体の一部と一緒で、普段で使わない筋肉を鍛える事が、最初は大変と感じますが、ペットボトルの空の状態で行って、徐々に水を入れて重さを調節していく事がおすすめできます。

 

10秒程度続けて3セットずつ朝と夜に行うことがおすすめできます。徐々に水を増やすことで負担なく行っていく事ができますし、効果としては、個人差はありますが、10日から2週間程度で実感する事ができます。

 

もう一つの方法は、1.5リットルや2リットルの大きめのペットボトルと使って行ってきます。手に持って容器を口に当てて頬をふくらませながら息を吐きだします。
それから、容器がつぶれるほど息を吸い込んでいきます。息が苦しくなってくるほど行う必要はありません。ペットボトルで手軽にほうれい線対策を行っていく事ができるので、自分に合った方法で実践してみてください。

 

ほうれい線対策の舌回し

 

舌は話したり食べたりするためだけでなく、呼吸や身体のバランスなどを取るなど健康に欠かす事ができない臓器の一つでもあります。舌を回して鍛えることにより、沢山の効果を期待する事ができます。

 

・頬のたるみ予防や解消に導く事が可能です。舌を回すことで顔中の筋肉を鍛える事ができるので、頬のたるみだけでなく、フェイスラインの引き締めにも効果を期待する事が可能となっています。

 

・ほうれい線予防や解消にも効果があり、ほうれい線は頬のたるみが原因となっていますが、頬のたるみを解消することにより、ほうれい線を目立たなくす事ができるのです。

 

・シミやシワの予防もできます。顔の周囲には全身のリンパ節の約25%が集中している状態です。舌回しを行うことにより、リンパの流れが良くなり、老廃物が排出されて肌の新陳代謝を高める事ができるので、シミやシワなどの肌の悩みを解消に導く事ができます。

 

・滑舌が良くなると言われています。滑舌が悪くなる原因の一つとして、下の筋肉や口周辺の筋肉が弱っていたりバランスが悪い場合があります。舌回しをすることにより、筋肉の凝りをほぐしてバランスを整える事ができるのです。

 

・顔の歪み予防もできます。偏った筋肉の使い方をすることにより、顔が歪んでしまいます。舌回しをすることにより、顔の筋肉の凝りをほぐしバランスよく使えるようになるので顔の歪みも予防する事ができて、表情筋をバランスよく使えるようになり、笑顔にも自信を持てるようになります。

 

何よりも自宅で自分で行うことが出来る舌回しを日常の習慣に取り入れることにより、沢山の効果を期待する事ができて、自身のある自分に変身する事ができると思います。

 

ほうれい線を隠すメイク法

 

老け顔のサインとしてほうれい線が挙げられますが、小鼻の横から両方の口角に向かって伸びる線は老け顔の代名詞ともいわれています。ほうれい線ができてしまうことにより、憂鬱感を感じたり、鏡を目にするとテンションが下がってしまいます。

 

ほうれい線を完全に消すことは難しいと言われているのですが、メイクで目立たなくすることはできます。

 

まず下準備が必要です。肌の汚れをしっかり落として、潤いをたっぷりと与えます。指を使ってほうれい線の部分にもきちんと潤いを届けるようにしましょう。乾燥により余計にしわやほうれい線が目立ちやすくなるのを防ぐことが出来ます。

 

夜に部分パックをするのもおすすめできます。気になっているほうれい線の部分には集中的に潤いをチャージしておくようにしましょう。そうすることにより、朝の化粧のノリに差が出てきます。

 

化粧をする前には、保湿ケアもしっかり行うことにより、乾燥しにくい状態の肌を目指す事ができます。

 

日焼け止めを塗ります。紫外線は肌への乾燥と老化を促してしまうので、日焼け止めでガードする必要があります。次に下地ですが、最近では、下地不要のファンデーションもありますが、下地はつけるようにしましょう。

 

ほうれい線や気になる箇所を目立たなくさせるためには、厚塗りしてしまうという人も多く厚塗りすることにより、ファンデーションが線に入り込んでしまい、逆に強調させてしまうのです。

 

ファンデーションのタイプは、リキッドやクリームタイプがおすすめできます。パウダーよりも肌への密着度が高く、潤い効果に優れています。仕上げにパウダーをはたきましょう。ファンデーションを塗った直後は肌がべとっとしていて、ちょっとしたことで化粧がよれやすいので、パウダーをはたくことにより、余分な油分を吸収してくれます。